男性と女性

有効的に土地活用したいなら駐車場経営がおすすめ

賃貸における家賃滞納

男の人

家賃の保証契約

賃貸住宅を借りる場合、誰かに連帯保証人をお願いして、契約書に署名して押印してもらうことが必要です。万一、賃借人が家賃を滞納した場合に連帯保証人が代わって家賃を払うという内容になります。このため、連帯保証人にも一定の所得があることが条件とされます。以前であれば、親や親戚に頼んでいましたが、親の年齢も上がっていますので、職業を持っていない場合があります。年金収入などはあっても、給与所得がないと認めてくれない場合もあります。そこで、家賃保証会社に対する需要があります。家賃保証会社は、所定の契約料を支払うことで連帯保証を請け負ってくれ、万一の場合は、家賃を大家に支払ってくれます。逆に言えば、大家の方も、家賃保証契約を条件にしておけば、家賃の滞納の事態に遭遇することもなくなります。

連帯保証の代行

家賃保証が人気がある理由は、賃借人の側からすれば連帯保証人を探さなくて済むというメリットがあるからです。如何に家賃の滞納はしないから名前だけ貸してくれと頼んでも、法的には連帯保証債務が発生しますので、頼みにくい状況です。もちろん、家賃保証会社に契約料を支払わなくてはなりませんが、連帯保証人を探す手間をお金で買ったと考えれば安いものです。また、賃貸人である大家の側としても、家賃の滞納があった場合に督促業務をする必要もありませんので、毎月安定した家賃収入を得ることができるというメリットがあります。日本はこの先、ますます高齢化が進展していきます。この家賃保証サービスは、時代の要請により登場してきたサービスであると言えます。