男性と女性

有効的に土地活用したいなら駐車場経営がおすすめ

もう連帯保証人はいらない

貯金箱

連帯保証人を探すのは困難

賃借人の立場から見ると、家賃債務保証は、賃貸物件を借りたくても保証人を見つけることが困難な場合に利用されています。一昔前までは、アパートやマンションなどの集合住宅の部屋を借りるときには、親や叔父・叔母、祖父母などの親族、勤務先の上司などに連帯保証人になってもらうのが一般的でした。しかし、少子化や核家族化が進行し、以前ほど家族間あるいは親族間のつながりが強くなくなった現代社会においては、連帯保証人となってくれる人がいないために賃貸物件を借りられないことが大きな問題となっています。そのため、家賃債務保証のように連帯保証人にかわって第三者が保証人となってくれるサービスが登場したことは、社会的な必然だといえるでしょう。

連帯保証人が必要ない

近年、賃貸契約を結ぶ際に家賃債務保証サービスを利用する人は増え続けています。「新たに一人暮らしを始めたい」「今住んでいるアパートを出て、新しい賃貸マンションに引越ししたい」などと考えたときに、今までは連帯保証人を見つけなくてはならないことが大きな障害となっていました。ところが、家賃債務保証を選べる賃貸物件が増えたおかげで、以前よりも気軽に賃貸物件の契約ができるようになりました。また、オーナーも家賃債務保証サービスを利用することで、家賃滞納者の問題を解決することができます。家賃滞納が発生すると毎月の収入が不安定になることもありますが、これを保証してくれるので安定した生活ができます。また、保証会社によっては居住人への家賃の催促もやってくれるのです。